EPD

NDD法を発展させた標準的X線検査での
表面線量・臓器線量算出ソフトウエア

NDD法

NDD(Numerical Dose Determination)法は、X線検査時の撮影パラメータから患者表面被曝線量を計算する方法で、公益社団法人 茨城県診療放射線技師会・日本放射線技術学会茨城支部(1982)・被曝低減委員会NDD 研究班により発表されました。これまで、NDD法を利用したExcelのアドインとして動作するNDD-Mを開発して配布を行ってきました。

EPD

NDD法を発展させたEPD(Estimation of Patient Dose in diagnostic X-ray examination)は、 NDD-Mと同様に撮影パラメータを用いて標準的X線検査での表面線量と臓器線量を算出するソフトウエアで、茨城県立医療大学の佐藤 斉教授により開発されました。
公益社団法人 茨城県診療放射線技師会は開発者の許可を受けて診療放射線技師を対象にEPDを配布します。

使用許諾について

以下の記載条項のすべてに従うことを条件として、EPDをあなたのコンピューターにダウンロードし、使用することを許諾します。

  • EPDは、標準的X線検査時の撮影パラメータから平均的日本人体型の患者線量(表面線量、臓器線量)を算出し、患者線量の目安を知るためのソフトウエアです。
  • EPDの使用は、診療放射線技師が医療被ばくの最適化に用いるための利用目的に限ります。
  • EPDは、著作権者が著作権を有する著作物として保護されています。
  • EPDの全部または一部にかかわらず、修正、改変、改作することはできません。
  • EPDをダウンロード、利用すること等により生じた一切の不利益に関して公益社団法人 茨城県診療放射線技師会および著作者は一切責任を負いません。
  • EPDのダウンロードは、「氏名、勤務先、勤務先住所、メールアドレス」の4点と、使用許諾条件への同意が必須となっております。お申し込みの際の個人情報につきましては、使用した感想、ご意見をうかがう等の連絡、統計調査を行う目的以外に使用することはありません。
  • EPDの利用結果を含む成果等を公表する際には「計算には、公益社団法人 茨城県診療放射線技師会が配布しているEPDを使用した」旨表記し、その内容等をNDD@iart-web.org宛てにお知らせください。

ソフトのダウンロード

利用者登録フォームにて必要事項を送信してください。
登録頂いたメールアドレス宛にダウンロードページのURL、パスワード等をメールでお送りします。

EPD利用者登録フォーム